法人のお客様

- Corporate Clients -

M&A・営業譲渡

受任範囲

M&Aとは、Merger and Acquisition(合併と買収)の略で、2つ以上の会社を1つにしたり(合併)、他の会社を買い取ったりすること(買収)を総称してこう呼びます。会社を拡大する手段として使われることもありますし、あるいは長年経営してきた会社を第三者に譲ること(事業承継)の手段としても使われます。株式取得、事業譲渡、合併、会社分割、株式交換・株式移転など、さまざまな手法があります。

M&Aというと大企業が行っているイメージがありますが、中小企業が他の会社の株式を取得したり、廃業予定の会社から資産や従業員を引き受けたりすることもM&Aです。

M&Aにおける弁護士の役割は、事業に法的問題がないかの監査(「デュー・ディリジェンス」と呼びます)、譲渡条件の交渉、M&A契約書の作成・チェックなど多岐にわたります。

当事務所では、買い手側・売り手側どちらの立場からのご相談もお受けいたします。

また、法律のみならず会計・税務・労務等の適切な手当ても必要です。当事務所では、必要に応じて会計士・税理士・社労士・中小企業診断士等の専門家とも互いに連携を取って進めていきます。

弁護士費用

基本的に1時間2万円~+税のタイムチャージとなります。

ただし、M&Aも案件内容によって弁護士がどこまで関与するかは様々です。デュー・ディリジェンス、条件交渉、契約書の作成・チェックまで100%主体的に弁護士が関与することは実はそれほど多くありません。M&A契約書の作成・チェックだけというご依頼も多いですし、デュー・ディリジェンスも事業全般に対して行うのではなく、例えば契約関係や労務関係など、特に問題がありそうな分野に限定して実施することもあります(そもそも中小企業同士のM&Aであればデュー・ディリジェンスを実施しないことも多いです)。当事務所では、どのようなご相談でも弁護士が柔軟に対応いたします。
 
弁護士の関与の仕方に応じて費用のお見積りも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

– Contact –

トラブルでお困りの方は、下記フォームより、お気軽にお問い合わせください。